watermint.org - Takayuki Okazaki's note

WIFIルーター評: NETGEAR RAX120

NETGEAR AX12 RAX120というWifiルーターを新しく導入しました。

少し前までSynology MR2200acというルーターを使っていましたが、頻繁にインターネット接続が切れてしまい、またルーターを再起動しないと復元しませんでした。ルーターのログや統計情報を見てみるとうまくいかない状況下ではルーターのCPU使用率がかなり上がっており、Load averageで4〜5 (いつもは1未満)になっているようでした。 このことから、おそらくCPUスペックが不足しているだろうということでより強力なCPUをもつルーターを探して入れ替えることにしました。

消去法にて

自宅ネットワーク環境はIIJmioひかりのIPoEオプションを契約しています。DS-Liteに対応したルーターを選ぶことになりました。探してみるとまだあまり対応製品は多くないようで、Wifi 6に対応したものに狭めるとまた選択肢が狭まりました。さらにアンテナがあまりトゲトゲと飛び出していないものにしたかったので消去法にてNETGEAR AX12 RAX120に決定しました。

評価

電波強度は申し分ないのですが、どちらかというとSynology MR2200acと比べ劣ると感じる部分がいくつかありますのでそちらを紹介していきます。

ログが使い物にならない

ログ

管理画面からログを取得できますが、このログはほとんど使い物になりません。まず、ログに時刻が含まれない。さらに、ログ1行の長さが128バイトを超えると超過分は無視され記録され全文は読み取れません。ログをメールで送信する設定をした際もエラーが全文読み取れず、原因はついに分からずじまいでした。

iPhoneなどからの接続が時々切れているように見え、iPhone側からは接続ができているように見えていたのでDHCP問題かと思い調べようとしたところ、それに繋がりそうなログは一切表示されませんでした。DS-Liteの設定時も接続画面ではエラーと表示されるが具体的に何が失敗したのかはわかりませんでした。

実用上、本機にログ取得・表示機能は無いと考えた方が良いでしょう。このあたりは是非改善していただきたいところです。

Web GUIは貧弱

スマートフォンアプリにて管理機能がありますがこちらはなかなか項目もシンプルで表示も見やすく、よくできていると思います。

一方、Web GUIについてはSynologyのGUIは非常に良くできているのでこの2機種で対比するとNETGEAR側がかなり見劣りすると言わざるを得ないでしょう。CPUやメモリ利用の統計情報も時系列情報はありませんし、ログとしても取り出せないようです。

GUIは初期設定と、トラブル対応時くらいしか利用しませんからトラブルさえなければこの評価の重要性は状況によって大きく変わります。今回引き続きネットワーク接続の問題が出ているので手がかりがほぼゼロと言えるNETGEARのGUIは満足度を酷く低下させるものでした。

Synologyでもネットワーク接続断の問題は最終的に問題解決には至りませんでしたが、統計情報やエラーなど情報が見えることによる安心感があったように思います。

NETGEAR ARMOR

NETGEAR ARMORというBitdefenderによる脆弱性スキャン、脅威の自動ブロック、アンチマルウエアソフトウエアが年間サブスクリプションでの追加オプションとして利用できます。

幸いなことにまだ脅威となるインシデントは発生していないのでどの程度の安心かは未知数ですが、テストなどのために古いiPhoneやAndroidを接続してテストするときには一定の安心感が得られそうです。

総評

セットアップもお任せモードが比較的良くできているので、すべてお任せという状態で動けばとても素直なルーターと言えると思います。一方で、何かトラブルが発生したときにはその原因にたどり着くの難しく、賭けの要素が強い製品です。